ぬこ☆パン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぬこ面5式s製作レポート4 結髪ステップアップ編

さて、ここからは植えた髪の毛について、
さらに迫力を増したい
きれいに整えたい人のための内容です。

前回までで、以下の状態になっています。
rpt5s050.jpg
これから、この面について更に髪の毛のボリュームを増して
より「アニメっぽく」してみましょう。



6.もみあげ、前髪ボリュームの増量
rpt5s056.jpg
先ほど余っているAを使用します。
Aを上のように分割します。

rpt5s057.jpg
さらに、A-2を上のように二つに分割します。

rpt5s058.jpg
もみあげ部分を少しはがします。

rpt5s060.jpg
左右のもみ上げ部分にA-2-1、A-2-2をそれぞれ貼り付けます。

rpt5s061.jpg
これで髪の横にボリュームが出ます。
次にA-1を頭頂部に追加します。

rpt5s062.jpg
頭頂部追加前に、またつむじ部分について、
だいたいCDと同じくらいの大きさまでスチのりをぬって固めておきます。

rpt5s064.jpg

スチのりが渇いたらA-1のつむじ部分と現在のつむじ部分をホットボンドで接着します。

rpt5s053.jpg

これでかなりのボリュームが出ました。
ではこの髪の毛をセットしてみましょう。

rpt5s066.jpg
スプレーがかかると塗装がはげてしまうので、
マスキングをします。面の表情が見えていたほうがやりやすいので、
サランラップをセロハンテープで面にくっつけます。

rpt5s068.jpg
耳までしっかり覆いましょう。

rpt5s064.jpg
まず、頭頂部からこの写真で見える範囲までを
スチのり、またはソフビスプレーで固めます。

固めるときは、まずスチ乗りか溶剤を強めに塗ってから、目の細かいくしで梳かします。
スチ乗りやスプレーを塗るだけだと、
ベたっと固まってしまい髪の繊維が見えなくなったり、気泡が残ったり、
絡んだまま固まったりするため、軽く手早くくしを通して綺麗な放射線を作ります。
(やりすぎると髪の毛がばらばらになって固まらないので注意)


rpt5s069.jpg
次に前髪を固めます。
強めに固める場合は近くで、ふんわり固めたい場合は遠間から、
髪の毛を軽くかきあげながらスプレーするのがコツです。

rpt5s070.jpg
中までしっかりスプレーします。
表面だけ固めてしまうと、形が崩れやすくなったり、
中の固まっていない毛が外に漏れだしてきたりします。

rpt5s071.jpg
スプレーをなじませたら、渇く前にドライヤーを当てながら形を整えます。
非耐熱でも問題なくドライヤーを使うことができますが、強く当てすぎるとちちじれてしまいます。
ドライヤーを当てる際は、手に温風を当てて「熱いな」と思う前くらいの温度にとどめるのが良いです。

ここでは少し外ハネ気味の髪にしてみました。

同じように、もみあげや側面部を軽く固めます。
もみあげは近くからスプレーを強くあてすぎるとボリュームが無くなったり、
板状になってしまったりするので、遠間からスプレーをなじませた後、形を作るといいでしょう。
rpt5s073.jpg
rpt5s074.jpgrpt5s075.jpg


ここでほんのすこしアレンジしてみます。
同じくMAPLEで売っているバンスがあるので、これをつけてみます。
rpt5s072.jpg

バウンスも来ているうちに乱れてしまいがちなので、
上の団子の部分だけソフビスプレーで固めてしまいます。
rpt5s077.jpg
これで普通よりちょっとグレードアップした娘が完成しました!


ほんの少しの工夫であなたのキャラクターが魅力的になります。
これを参考にあなたの娘さんをもう一歩パワーアップしてみませんか?

またご要望があればこれまで自分がやってみた方法について、
わかりやすいものを紹介していきたいと思います。

それではまた!

| 制作サポート | 12:00 | | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URI

http://nukopan00.blog115.fc2.com/tb.php/157-47b319b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。